臍からキノコが生えた日には

思いついた事や、気になった事を取り上げて、書き連ねます。あと、みんな大好き “ヘトポンチャス“ について綴ってます。

味覚クロニクル

f:id:kabiru:20170703005942j:plain

 

 

「アホ、わしはカンキノダケじゃ。」

 

 

なにやら腹部のあたりが忙しく動き出した、

その瞬間、臍から大量のきのこが無数に飛び出してきた。

いや、飛び出してきたというよりは、

ぬめりけのある液体に包まれて、

(ちょうどなめこ汁のような)

無数のきのこが絞り出されてきていると

表現した方がいいだろう。

 

今日の味噌汁も格別に美味しかった。

 

『健康』とは、かくあるべきである。